バカラだけでも50テーブル用意!

あなた好みのディーラーを選んで遊べる!


ライブバカラが熱いエンパイアカジノ

【バカラのルール】バカラの必勝法

丁半博打であるバカラに必ず勝つという必勝法は無いといってしまえばそれまでです。

 

こちらのページではとある起業家がみつけた独自のバカラ必勝法です。

 

『マーチンゲール法』と言って、負けた時に、掛け金を倍にしていく方法です。

 

すごく有名なやり方で、掛け金の、2,000倍を持ってれば、必ず勝てる方法です。

 

が、大抵の人は、これで破産します。

 

理論的には、100%勝てるのに、なぜ破産するのか?

 

このマーチンゲール法ですが、これは、丁半博打みたいに、

 

・丁か?半か?

 

・赤か?黒か?

 

・上か?下か?

 

 

という、二択のギャンブルに使われます。

 

ルーレットは、ゼロがあるので、二択ではないです。

 

必ず、二択でないとダメです。

 

なので、バカラがおすすめです。

 

バカラはどちらが勝つかという完全に、二択のギャンブルです。

 

バカラでマーチンゲール法を使います。

 

まず、1,000円を賭けたとしましょう。

 

勝てば、2,000円払い戻され、1,000円のプラスです。

 

負けた場合は、1,000円マイナスです。

 

負けた場合、次は、2,000円を賭けます。

 

先ほどの負け金が、1,000円、今回の賭け金が2,000円、合計の賭け金は、3,000円です。

 

勝てば、4,000円払い戻されるので、トータル、1,000円のプラスです。

 

もし、ここでも、負けたら、次は、4,000円を賭ける。

 

もし、また負けたら、次は、8,000円を賭ける。

 

負けたら、倍の金額を賭け続けるのです。

 

で、一回勝ったら、最初の賭け金の1,000円に戻します。

 

この手法だと、理論上、負ける事はないです。

 

なぜ、100%と言うのか?

 

それは、元金が大量にあればいいからです。

 

でも、賭け金の上限がある場合はダメなので、上限が1,000円〜1,000万円のバカラで実践します。

 

仮に、最初の賭け金が、1,000円で、10連敗すると、

 

10×10×10×10×10×10×10×10×10×10=1,000、000

 

100万円必要です。

 

負けの確率ですが、10連敗は、1,000分の1です。

 

なので、1,000回ゲーム中、999回は、1,000円勝てるけど、1回は、100万円負けます。

 

なので、確率上は同じなんですが、うまく1,000分の1を逃げる手法があり、それを使うと勝てます。

 

そのうまく1,000分の1を逃げる手法を紹介します。

 

これをやれば絶対勝てるというわけではありませんが、あなたがバカラをするときに参考にすれば、何倍も楽しむことができます。

 

バカラの攻略法

バカラは確率のゲームなので、ルール通りやれば、必ず勝てます。

 

でも、なんで負けるのか、それは、ルール通りやらないからです。

 

その理由は2つあります。

 

・ お金が欲しい
・ 飽きてきた

 

の2つです。

 

この2つが消えることで稼げます。

 

お金が欲しいを消す方法

勝っても、負けて、どっちでもいいや!という気持ちが必要です。

 

仮に1000円賭けるとしたら100万円以上のお金を必ず用意する必要があります。

 

そして、この100万円が仮に全部なくなっても、逆に200万円になってもどっちでもいいという気持ちが重要です。

 

飽きてきたを消す方法

飽きることを消す方法は、ギャンブルに集中しないことです。

 

実際のカジノで飽きないでマーチンゲール法をやるためには、スマホなど持ちこんでゲームをしましょう。

 

バカラはメンタルのスポーツです。

 

1,000分の1の確率で、10連敗するのを回避する方法

 

99.9%の確率で、 1,000円勝てて

 

0.1%の確率で 100万円負ける理論で、どうやって、この0.1%を引かないか。

 

100%勝つ理論ですが、これは、流れを感じるって事になります。

 

流れ、ツキ、運がありその運に逆らわなければ、いいのです。

 

そこで感じたのが、100%勝つ方法を教えます。

 

掛け金の30倍以上を稼ごうとしない

例えば、掛け金が1000円だったら、1時間3万円以上稼ごうとしないことです。

 

『お金がほしい』と欲が出たのでルールから外れます。

 

なので勝てません。

 

1日10時間ルール

どんなに勝ちが続いても、1日10時間以上やらないことです。

 

バカラで破産する人は、ルールを守れません。

 

勝ちづつけていると、逆に負け続けていても『お金がほしい』と思った時点で
勝負を切り上げることができません。

 

こちらも『お金がほしい』と欲が出たルールから外れます。

 

すなわち勝てません。

 

流れ、ツキ、運がありその運に逆らわない方法

0.1%の確率で 100万円負ける理論で、どうやって、この0.1%を引かないか。

 

それは流れを読むことです。

 

流れを読む方法をお伝えします。

 

罫線を確認し波を逃さずキャッチする

罫線はモニターに表示されます。これは出目を確認するのではなく、ツキのリズムを確認するために罫線はチェックしましょう。罫線をみれば流れが見えてきます。

 

人間罫線をつける

人間罫線(ニンゲンケイセン)とは、ついている人に乗っかって張ること。もっと確率が高いのは徹底的にツイてない人の逆に張ること。見極めは、チップが底を付き添うになっている人がオールイン(すべて賭ける)したとき。

 

引き分け(TIE)には賭けない

引き分け(TIE)には賭けて当たると8倍の配当がつきますが、確率は9.55%と低く10回に1度程度しか当たりません。かなり低い確率上に控除率が高いので、引き分け(TIE)には賭けない方が賢明です。

 

上記のポイントを押さえていれば、熱くならず冷静に自らを俯瞰(ふかん)できます。

 


※俯瞰(ふかん)=高いところから見下ろすことのイメージ

 

俯瞰することで、流れをみることができるのです。